演奏

タンギングをすると喉が疲れることへの対策

投稿日:

Pocket

どうもーやまむらこういちです。

先日無事に娘が卒園を迎えました。一つの大きな節目ですね。
これから長い長い学校生活に突入です。

さてさて、今日はタンギングについてです。
私はタンギングが大の苦手。よくトロンボーンやトランペットの音が優しいなんて言われるんですが、裏を返してみればタンギングができないからなんですね。
全部レガートにしてしまう。

タンギングを邪魔しているのは何か

タンギングを邪魔するものよくタンギングは「トゥ」とか「ター」とか「ダー」とかという発音で表現されますよね。私の場合は「ルー」なんです。
た行の発音よりもソフトになりますが、タンギングらしさがほとんどないのが特徴です。
トロンボーンはスラーであっても軽く舌をつかなければならないのですが、その時に使っているタンギングです。
でもそれが身に付いて、通常のタンギングができないんですね。

自分がこれほどまでタンギングを苦手とするのはなぜなのか、大して考えたことはありませんでした。
もともとチューバをやっていたというのも少なからず影響していると思います。
チューバを吹く時は単発単発で音を出すことが多く、その時は息を出すか出さないかで制御していたので舌を使わなかったんですね。
発音でいえば「ブオン」ってとこでしょうか。まあこれは私だけだと思いますけど…。

タンギングをすると、しない時と比べて息の初速は速くなります。
それによって高まった圧力に唇が負けてしまったり、裏返ってしまったりするんですね。
それに対する恐怖心と、タンギングに集中するあまりに舌や喉が疲れてしまうというのが自分のタンギングを妨げている要因であると推測しました。

タンギングのプロセスをはっきりさせる

プロセス発見タンギングというのは何なのか、プロセスを確認するところから始めます。
タンギングとは肺から送り出される息を下と上あごでせき止め、内部の圧力を高め、そしてそれを開放することです。
つまりタンギングのプロセスとは

  1. 舌と上あごで息が出ていかないように栓をする
  2. 肺から息を送り出す
  3. 口の中の圧力を上げていく
  4. 舌でせき止めている行為をやめる
  5. 高まった圧力により勢いよく口の外(楽器)へ息が出ていく
  6. 再び舌で栓をして息をせき止める

ということになりそうです。
気が付きましたか??「トゥ」とか「ルー」とかはプロセス内には存在しないんです。
こういった発音をすることで上のプロセスに近いことができるため、わかりやすいように説明するために広まったものだと思います。

タンギングの発音は「結果」であって「手段」ではない

この「トゥ」という発音をするという説明こそが、私の舌や喉を疲れさせた張本人でした。
発音をすることを意識するあまりに、舌先ばかり集中してしまいかえって舌が固まっていたんですね。
プロセスに従った結果としてそういう発音がされているだけであって、発音そのものをメインにしてはいけないことに気が付きました。

舌をもっと大きな組織としてとらえて、局所的な動きにしないようにすることが第一の解決策です。
上のプロセスに従うと、タンギング中であっても息を送り続けることが容易になります。
私の場合タンギングに集中すると、お腹の踏ん張りがなくなり、もはや喉から先だけで息を作ろうとしてしまっていたのです。それは喉にも舌にも負担になるはずですね。

発音のことは気にせずに、舌で栓をするかそれをやめるという行為にすることで、大きく改善できました。
もともと速いタンギングができない私ですが、多少スピードも速くなりましたし、圧倒的に舌がばてなくなりました。

そうやって考えてみると「しゃべるように演奏する」というのはなかなか効果的な指示だと思いました。
トゥやターといった発音をするということとしゃべるように演奏するというのは近い感じがします。
しかしながら実際やってみると、息を送りだす力も動かす舌の広さも全然違うことがわかります。
そしてとても音楽的な動きになります。それはしゃべるということそのものに抑揚があるからです。

以上のことで疲れに対しての解決ができました。
あとは裏返ってしまうとか暴発することに対する対策をどうするかです。
これは意外と簡単なことでした。

本当にやってはいけないことなのか見直す

唇が圧力に耐えられないから起こっているのであるなら、より唇をキュッと閉めればいいだけです。
アンブシュアの観点から唇を締め上げることは悪だと考えていました。
しかしながらタンギングをすれば、しない時よりも高い圧力になるのは当然。同じ力で唇を閉じても耐えられるわけがありません。
ここは憂うことなくその圧力に耐えられるように閉めてあげればいいのです。ほんの少し閉めるだけで十分効果がありました。

何となくのイメージがブレーキをかけていました。結果それがタンギング演奏そのものにブレーキをかけていたことになります。
イメージによるブレーキをなくしたことにより、タンギングを邪魔していたブレーキも取り除くことができました。
これもまたぼーっとタンギング練習しているだけでは、なかなかたどり着けない内容だったと思います。

20年近く楽器をやっていますから、なかなか悪い癖は消え去りませんが、練習の方向性が見えたことは大きいです。
何も難しいことを考えず、先ほどのプロセスを忠実になぞっていればいいのですから。
これがそのうち自然と無意識で出来るようになるように練習していけばいいのです。

上達とはプラスされることがすべてではありません。
マイナスをなくすことも立派な上達です。それを実感した今日でした。

Pocket

-演奏

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ridoJakuso

リード楽器の弱奏とアンブシュアの関係について

どうもーやまむらこういちです。 ご無沙汰してしまいましたね。いろいろとやることが多くて更新できませんでした。今日は、先週末に楽団の練習であった出来事とそれの解決方法について紹介しようと思います。 音量 …

つまようじエクササイズ

つまようじと金管楽器高音域の関係

どうもーやまむらこういちです。 皆さんはカレー好きですか?? 私は特別好きってわけではないですが、主夫として好きなんです。 我が家ではいつもカレーを作るときに大量に作っておき、その日の夕食→次の日の朝 …

ポップスマーチ すてきな日々

マーチというのは意外と守備範囲が広いものだ

どーも、やまむらこういちです。 今日は週に1回の楽団練習日。あまり人は集まりませんでしたが、それはそれで個々の動きが聴こえやすくてやりやすいことも。 来年の定演で演奏する曲の練習が始まりましたが、今日 …

本番直前

トランペットをハミングで??

どうもーやまむらこういちです。 昨日ブログを書いたのに、公開し忘れてました。 明日の本番に向けて最終練習でした。 当日は練習ができないので、最後のあがきです。 先日、トランペットを吹き込もうとしすぎて …

アンブシュアは自動モードで

唇はオートモードで

どうもーやまむらこういちです。 先日楽団宛に演奏依頼がありまして、わたわたと準備が始まりました。 小平にある国際パティシエ調理師専門学校というところで毎年2月に学園祭が行われるのですが、2年前にその催 …

ブログを運営している専業主夫「やまむらこういち」です。
趣味である作曲や編曲のことを中心に、いろいろと書いていきます。
独学で才能もないので稚拙なものばかりですが、自分の色を出していけるように精進中です。
コメントを残してくださるととても嬉しく、励みになります。どうぞよろしくお願いします!